スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

第4回 社会人特別講義 石橋幹巳先生(独立行政法人 国立劇場)

!!明けましておめでとうございます!!
年が明けて、2020年になりました。今年は、いつもと違い、この!東京で!!オリンピック・パラリンピックが開催されます。わたしは既にわくわくドキドキしています。皆さんは、いかがしょうか‥?

浮足立ってもいられず、本研究室も、年度末ということで、イベントが目白押しです。ブログを通してどんどん発信してまいりますので、こうご期待です。まずは、昨年行われた第4回社会人特別講義の様子をお届けします!

11月13日(水)に国立劇場にて主催公演を始め、様々な邦楽の公演を制作していらっしゃる石橋さんをお迎えしてお話しを伺いました。

一つの公演を作るにも、予算作成、事業計画書作成、資金調達、協賛協力団体の獲得、会場の確保、監修者・脚本家・演出家・作曲家等の選出、公演実施にあたっての組織づくり、出演依頼、契約手続き、事業報告、メディア対応、公演記録作成、評価対応‥



公演の内容によって様々ですが、出演者には1~2年前には依頼し、台本作家や作曲家、舞台芸術家などには2~3年前の企画段階で依頼をするそうです。

広報宣伝をし、解説を書いてもらい、チケットを配券し、観客対応を依頼するなどの観客に見えるところで働いている「表方」がいる一方で、出演者に関わる人(衣装・小道具・ヘアメイク・楽器)、または、舞台に関わる人(大道具・照明・映像・運搬)で働いている「裏方」もいます。主催公演の担当者は、大勢の関係者を巻き込んで公演を作り上げています。

これらの作業を年に10公演ほどやっているそうです。全て同時進行のため、何が済んでいるのか、または済んでいないのかを把握するためにチャートを作成して仕事をすると仰っていました。同時進行のため、ひっきりなしに「あれってどうなってる?」と言う連絡がかかってくるそうです。携帯電話なしでは仕事はできないと笑っていました。そして、文句を言われれば、間を取り持つこともなさるので、精神は日々消耗しているそうです‥

「芝居はひとりでは何もできません。僕には役者として演技することも躍ることも、鬘をつくることも、衣裳を縫うことも、三味線を弾くこともできません。徹底的に素人です。歌舞伎の世界にはそれぞれのジャンルに徹底的なプロがいます。そのプロの人たちに、気持ちよく仕事をしてもらうプロになるということです。」(織田紘二「奥役という仕事」『なご…

最新の投稿

第3回 社会人特別講義 武田康孝先生(独立行政法人 国際交流基金)★後半★

第3回 社会人特別講義 武田康孝先生(独立行政法人 国際交流基金)★前半★

10/6(日)にオープンキャンパスがありました!

第45回 学内演奏会が終演しました

2020年度「音楽教育専攻」が生まれ変わります!!

夏期集中講座「楽器学入門」が行われました

第2回 社会人特別講義 中川航先生(春秋社㈱)

渡辺裕先生の講義にお邪魔しました!!

第1回 社会人特別講義 飯島広介先生(NPO法人 パフォーマンスバンク)

中目黒キャンパスに行ってきました