スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

第5回 社会人特別講義 久保田慶一先生

更新が遅れてしまいましたが、10月下旬にあった最後の社会人特別講義の様子をお伝えしたいと思います!

この日の講師の久保田慶一先生は、J.S.Bachの次男C.P.E.Bachを中心に18世紀のドイツ音楽史を専門に研究されている正統派の音楽学者です。それだけでなく、筑波大学大学院では『キャリア教育』について学ばれ、今回このような形で私たちにその成果を伝えて頂くことになりました!



お話は大きく3つありました。 1. 「キャリア」とは何か 2. 「仕事をすること」と「キャリア」の関係 3. 「キャリア」をデザインするということ
「キャリア」とは、語源を辿るとラテン語のcarus(=馬車の輪達)だそうです。そのため、先生はキャリアcareerのことを人生の軌跡だと説明されていました。
「キャリア」が人生の軌跡なら、生きてきた過程とも捉えることができます。さて、生きていくためには働かなければなりません。現代社会の働き方には、雇用されて働く正社員・派遣社員・非正規労働者(パートやアルバイト)と、雇用されない個人事業主(フリーランス)と大きく4つあるそうです。

では、音大生はどのような仕事の仕方・働き方があるのでしょうか。 1. 芸術「で」生きる・・・自分の芸術活動で収入を得る。 2.芸術「に」生きる・・・だれかの芸術活動を支える仕事をして収入を得る。 3.芸術「と」生きる・・・収入は他の仕事で得て、芸術を楽しむ、サポートする。 の3つのライフ・スタイルが考えられると先生は仰いました。
「正規、終身雇用」だけが私たちの幸せだと、これまでのキャリア教育では言われてきました。ですが、十人十色、人それぞれに仕事への姿勢は違うし、生き方があります。芸術「で」生きるのか、芸術「に」生きるのか、芸術「と」生きるのか。音大生は卒業後どうするのかを考える時に必ず直面する問題です。どの選択肢も間違いではありません。ある時は芸術「で」生き、ある時は芸術「と」生きてもよいのです。迷ったら立ち止まり、時には後ろに下がってみて、自分で考えながら進んでみてほしい、と力強く仰っていました。

これからは【人生100年時代】と言われています。生きていく上で、お金に替えられないもの、健康や教養が大事になってきます。私立大学の学費は高いですが、それは今20歳の学生にとって、残りの80年を確実に豊かにしてくれるものです。どんなところで役に立つ…

最新の投稿

卒業演奏会(!訂正!)

【授業紹介 第三弾!】音楽教育実技演習F 野中正先生

【授業紹介 第二弾!】音楽教育実技演習H 立原ちえ子先生

【授業紹介 第一弾!】メディアリテラシー実習Ⅱ 近藤隆史先生

第43回 音楽教育専攻 学内演奏会がありました!!

第4回 社会人特別講義 柴崎かがり先生

オープンキャンパスがありました!

夏期集中講座「楽器学入門」がありました!

学内演奏会オーディションが終わりました!

平成30年度 音楽教育専攻の入試説明会を行いました!