スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

第3回 社会人特別講義 武田康孝先生(独立行政法人 国際交流基金)★後半★

そんな先生は、現在の外務省所管の独立行政法人である国際交流基金にて、日本の文化・芸術を海外で紹介する仕事を行っています。「国際文化交流」「文化外交」と言われる仕事の一端です。

日本文化の海外で紹介するときに先生が考えていることは、以下のようなことだと言います。

・その事業の最も大きな「お題目」は何か (外交上の必要性、国際交流基金にとっての実施の必要性、など) ・現地(派遣先国)が希望していることは何か (日本の文化の何/どういった要素を紹介したいと思っているのか)
その上で、「予算」「新規性」「有望性」「インパクト」などの観点から、国際交流基金として実施可能なことは何かを考え、実際の事業を作っていくのだそうです。


例として、ご自身が韓国在勤時に担当された二つの事業についてお話しくださいました。

一つは、2015年1月に行った沖縄の文化紹介イベントです。きっかけは文化庁の「東アジア文化交流使」に沖縄のシンガーソングライターの方が選ばれ、国際交流基金が韓国での受け入れをお手伝いすることになったことですが、先生は単なるお手伝いとしてではなく、公演の内容にも積極的にコミットされたとのことです。沖縄の演劇プロデューサーとともに伝統音楽・芸能を公演内容に組み込み、また休憩時間には沖縄の食べ物やお酒の試食・試飲のコーナーを設けたり、関連イベントとして沖縄を舞台にした映画上映会を実施したりと、一面的でない沖縄の文化紹介に努めたそうです。

ソウルでの公演の様子(YouTube) https://www.youtube.com/watch?v=70Dg4_MtHnk
もう一つは、「日韓若手文化人対話」事業です。2015年は日本と韓国との国交が正常化して50周年という節目の年でしたが、両国の外交関係は良くありませんでした。一方で、K-POPや韓国映画が好きな日本人、日本食や日本への旅行が好きな韓国人もいます。公の場ではどうしても建前が前面に出てしまう傾向のある日韓間の対談で、文化や芸術に関わる人々がお互いに本音で言葉を交わす機会を作り、記録を後世に残すことができないか。色々と考えを巡らせた結果企画したのが、この「対話事業」だったとのことです。


話が盛り上がりそうな小説家、建築家、映画監督などをマッチングし、原則公開の場で話したいことを話してもらうことにしました。また韓国の政府系機関にも…

最新の投稿

第3回 社会人特別講義 武田康孝先生(独立行政法人 国際交流基金)★前半★

10/6(日)にオープンキャンパスがありました!

第45回 学内演奏会が終演しました

2020年度「音楽教育専攻」が生まれ変わります!!

夏期集中講座「楽器学入門」が行われました

第2回 社会人特別講義 中川航先生(春秋社㈱)

渡辺裕先生の講義にお邪魔しました!!

第1回 社会人特別講義 飯島広介先生(NPO法人 パフォーマンスバンク)

中目黒キャンパスに行ってきました

2019年度が始まりました