スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

第3回 社会人特別講義 津田正之先生

こんにちは!秋が深まってまいりました。皆さまは、どのような秋を満喫されていますでしょうか。わたしは専ら《食欲の秋》です!美味しいものを食べて、元気に冬に備えましょう♩

さて!今回は、

音楽科教育の目指すもの

と言う内容で、国立音楽大学教授の津田正之先生にご講義頂きました。




皆さんは、「人々が音楽を学ぶ意味とは何か」について考えたことがありますか。

津田先生は、北海道や東京で小学校の教諭を務められた後、琉球大学で楽しい音楽の授業づくり、米国に統治されていた沖縄の公教育の在り方について研究するなど、大変幅広く研究をなさっておられました。2010年からは、文部科学省の音楽担当の教科調査官として日本国内を回られ、学習指導要領の周知に努めるとともに、学校現場でどのような音楽科教育が施されているかを調査されたそうです。最近の大きなお仕事は、平成29年告示の学習指導要領の改訂に携わったことだそうです。また海外の音楽教育支援にも携わったご経験もあり、日本との教育環境の違いに驚きを隠せなかったと仰っていました。

 さて、皆さんは、恵まれた環境で学んでいる日本の子供たちが一番好きな科目はなんだと思いますか。
ベネッセ教育総合研究所が行った「第5回学習基本調査」の調査(2015)によると、日本の小学5年生に、好きな教科についてアンケートをとった結果、上位から家庭科(90.2%)、図工(86.5%)、体育(83.1%)と続き、外国語(英語)活動(77.6%)、理科(75.2%)、総合的学習(74.4%)、音楽(71.5%)、算数(68.4%)、国語(58.5%)、社会(55.6%)、だったそうです。家庭科から音楽は、体を動かしたり、作ったり、実験したりという『体験型の教科』と言えましょう。また、音楽が好きと肯定的に答える割合は、女子は約8割、男子は5割、男女の3割の差は、音楽特有の傾向のようです。

なぜ「音楽」が体験型の教科のなかで最下位なうえに、男子の支持が低いという結果なのでしょうか。その理由について津田先生は、「本来は結果でなく、子供の音楽表現に対する思いや意図を大切にしながら作っていく『プロセスが大切』なのに、〈上手にできるかどうかを評価される授業〉になっている結果なのではないか」と仰っていました。



また、学習指導要領実施状況調査(2015)では、「音楽の学習をすれば、普段…

最新の投稿

第44回 学内演奏会のチラシができました!

秋期が始まりました!

第2回 社会人特別講義 Mr. Paul Yuen

【授業紹介 第七弾!】応用音楽教育特別講義by相澤宏一先生

【授業紹介 第六弾!】多文化音楽教育概論by赤羽美希先生

第1回 社会人特別講義 稲森訓敏先生

第44回音楽教育専攻主催 学内演奏会のオーディション募集開始

卒業シーズンイベントご報告

平成30年度 ガイダンスを行いました♪

平成29年度 卒業論文発表会がありました