スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

第2回 社会人特別講義 中川航先生(春秋社㈱)

今年は梅雨が長引いておりますね。日照時間が少なくて旬の青果類が高騰しているそうです‥!そんな中、春秋社の中川先生がいらして「音楽書をつくる」と言う講義テーマでお話しくださいました。 
春秋社は、人文書など様々な分野の本を取り扱っていますが、その中でも中川先生は音楽に関する書籍の編集に携わっています。
音楽に関する書籍にも、専門家や知識人向けの書籍なのか、一般人向けなのかによって方向性が異なります。

様々な読者を対象とする音楽書籍の編集を担当している中川先生は、どのようにして現在のお仕事に就かれたのでしょうか。

先生は幼少期からピアノとヴァイオリンを習っており、レッスンやコンクールも受け、音楽大学への進学も考えていたそうです。ですが、演奏だけで食べていくのは難しいのではないかと考え、一浪して東京大学に入学されました。大学では、オーケストラサークルで打楽器に目覚め、現在も、趣味はピアノ、オーケストラで打楽器奏者として楽しまれているそうです。

一方学業では、音楽の哲学、歴史、文化史、社会史、音楽史、音楽理論、分析なども学ばれました。その中でも特に「音楽の演奏に関係のある部分に注目すること」だったそうです。

卒業論文では、「楽譜に一体何が書かれているのか」「楽譜とは何を読み取るものなのか」という疑問から、「(演奏速度に)数字を設定することで生じること」に絞って、メトロノームが初めて発明されたベートーヴェンの作品を用いて考察したそうです。また、修士論文では、そこから更にテンポについて掘り下げ、チェルニーが執筆したピアノ奏法理論に書かれた速度とテンポの考え方を読み解き、それまでの理論書とどう違うのか、チェルニーが主張しているメトロノームの速度の捉え方についてどう考えたらよいのか、を考察したそうです。

もっとチェルニーを知りたい!と進まれた博士課程で、先生は新たな世界に出会います。チェルニーの手紙や自筆譜などの資料を求めてウィーンに2年間留学したのですが、残された手紙等には、出版社との詳細なやり取りが残されており、チェルニーにとっての作曲活動は芸術活動ではなく、どちらかと言うと報酬(営業)目的だったのではないかと言う考えに至ったそうです。「芸術音楽家(演奏家)の音楽活動からは見えてこないものがあるのではないか」と持ち帰った膨大な資料をもとに、帰国後「19世紀の出版事情

最新の投稿

渡辺裕先生の講義にお邪魔しました!!

第1回 社会人特別講義 飯島広介先生(NPO法人 パフォーマンスバンク)

中目黒キャンパスに行ってきました

2019年度が始まりました

卒業演奏会が有りました♪

卒業論文発表会が行われました!

2年生による試演会がありました!

第5回 社会人特別講義 佐藤陽子先生

【授業紹介 第八弾!】音楽教育研究演習ⅠB by下道先生

平成30年度 声楽&音楽教育 女声合唱合同発表会がありました!