スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

2019年度 卒論発表会がありました

1月23日(金)に卒論発表会がありました。 

今年度も昨年度と同じく、応用音楽コースから3名と実技専修コースから1名の計4名でした。

中国からの留学生のAさんは、重慶市の音楽教育環境全般をふまえた上で、現在市内にある民間音楽学校の現状を調査し、将来の可能性を示唆しました。筆者としては中国の教育というと直ぐに『国家による英才教育』をイメージしまいますが、Aさんは、社会の経済発展や教育カリキュラムの改革などの影響から、音楽は、広く、一般家庭の子女の習い事へと変わりつつあり、教育的視点が今後重要になると言っていました。


新年度から音楽教諭として働くことが決まったBさんは、「日本歌曲の指導法」について研究しました。指導要領によってどの出版社にも掲載が義務づけられている日本歌曲の共通教材全7曲(「花」「夏の思い出」「浜辺の歌」「赤とんぼ」「早春賦」「花の街」「荒城の月」)の中に、認知度の低い曲があることに気付き、そうしたに認知度の差がどのようなもので、どの程度あるのか、またなぜ生まれるのか等々を、アンケート調査に基づいて解明しました。さらに、比較的認知度の低い2曲を選び、指導計画を考えました。7曲すべてを知っている人は少なくなっているそうです。Jポップやオリジナルの合唱曲など、生徒たちが共感しやすい歌詞が多くあり、それらを共通教材にしたいと考えている教諭が多くいる現状に、彼女は「日本の情景や日本語の美しさをもつ日本歌曲が受け継がれていってほしい」と言って締めくくりました。

OSK日本歌劇団(以下、OSK)の大ファンであるCさんは、宝塚歌劇団やOSK日本歌劇団などの、少女歌劇団について研究しました。2つの少女歌劇団の歴史と変遷、上演内容の比較を通して、それぞれの個性を明らかにするだけでなく、「OSKの経営戦略を立てる」ことを試みていました。上智大学との単位互換制度を利用して学んだマーケティングについての知識を生かし、パッケージ戦略(ポスターデザインの改善)、ダブルキャスト制(2:1で新人とベテランを混在させる)、フリーペーパーの刊行(宣伝、周知)などを提案していました。

Dさんは自分の母校の前身である同志社女学校(明治9年開校)の音楽教育について研究しました。同志社女学校は、新島襄によって「良心」を持った人を育てる学校、として建てられたそうです。明治期の女子教育が「女紅場…

最新の投稿

第4回 社会人特別講義 石橋幹巳先生(独立行政法人 国立劇場)

第3回 社会人特別講義 武田康孝先生(独立行政法人 国際交流基金)★後半★

第3回 社会人特別講義 武田康孝先生(独立行政法人 国際交流基金)★前半★

10/6(日)にオープンキャンパスがありました!

第45回 学内演奏会が終演しました

2020年度「音楽教育専攻」が生まれ変わります!!

夏期集中講座「楽器学入門」が行われました

第2回 社会人特別講義 中川航先生(春秋社㈱)

渡辺裕先生の講義にお邪魔しました!!

第1回 社会人特別講義 飯島広介先生(NPO法人 パフォーマンスバンク)